スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元交際女性に「火付けたろか」医師が脅迫メール(読売新聞)

 女性をメールで脅したとして、大阪府警西堺署は11日、馬場記念病院救急部長兼脳神経外科副部長の医師宇野淳二容疑者(53)(堺市西区)を脅迫容疑で逮捕した。

 容疑を認めているという。

 発表によると、宇野容疑者は4月、知人女性(27)に「火付けたろか」「バットで殴るぞ」などと書いたメールを送った疑い。

 女性は昨年末まで宇野容疑者と交際していたといい、3月中旬から女性の携帯電話に、中傷したり脅したりするメールが届き始め、5月に告訴していた。同病院は「事情がわからないので、コメントできない」としている。

アフリカ料理、新メニュー続々…W杯開幕合わせ(読売新聞)
参院選60議席目指す=岡田外相(時事通信)
“進化”する大麻の栽培技術 広がる「自己完結型」(産経新聞)
<横浜弁護士殺害>千葉県の男に逮捕状 離婚調停でトラブル(毎日新聞)
<生存権訴訟>生活保護の老齢加算廃止は違法 「国の検討、不十分」--福岡高裁判決(毎日新聞)
スポンサーサイト

北情勢に「強い危機感を」=本部長会議で警察庁長官(時事通信)

 全国警察本部の本部長会議が31日、東京都内で開かれた。警察庁の安藤隆春長官は、韓国哨戒艦沈没事件などに関連して北朝鮮情勢が緊迫しているとして「今後の動向によっては、わが国の安全保障や治安にとって直接の脅威になるという強い危機意識を持ってほしい」と訓示した。
 また、6月から11月にかけて、国内各地で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)について、反グローバリズム勢力や極左暴力集団への対策を徹底するように求めた。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】緊迫!朝鮮半島~哨戒艦事件、北魚雷攻撃と断定~
〔写真特集〕世界のミサイル
〔写真特集〕最近の金正日氏~奇跡の復活~
〔写真特集〕若き日の金正日氏~知られざる素顔~

政府答弁書・外国人参政権では国境の町の意見も踏まえる(産経新聞)
身元不明3937柱を納骨=千鳥ケ淵で戦没者拝礼式(時事通信)
浴衣 「注染」最盛期 職人の手作業で涼しげに…宇都宮(毎日新聞)
原発をめぐる主な裁判(時事通信)
<鳩山首相辞任>「幹事長も辞職を」…小沢氏「わかった」(毎日新聞)

<口蹄疫>義援金名目で寄付要求 詐欺未遂で宮崎県警捜査(毎日新聞)

 22日午前9時半ごろ、宮崎県西都市黒生野の食品会社を、実在しない組織名を書いたプレートを首から下げた2人組の男が訪れ、口蹄疫(こうていえき)の義援金名目で寄付を求めた。宮崎県警は詐欺未遂事件として調べている。

 県警によると、男は60代と40代とみられる。60代の男は身長165~170センチで黒っぽいシャツを着ており、40代の男は身長170センチ程度で中肉、モスグリーンの作業服姿だった。応対した女性職員に「口蹄疫の発生に伴い、義援金をお願いします」などと話しかけ、女性職員が社長に連絡を取りに行った5分ほどの間にいなくなっていた。「宮崎県家畜普及協会」と書いたプレートを首から下げていたが、こうした名称の組織はない。

 県警捜査2課の藤川寿治理事官は「義援金への善意を踏みにじる卑劣な犯行」として注意を呼びかけている。【中村清雅】

【関連ニュース】
口蹄疫:種牛49頭延命認めず 国「猶予許されぬ」
口蹄疫:家畜の清浄性検査を開始…宮崎・えびの市
口蹄疫:いたる所に石灰散布…最大の感染地・川南町ルポ
口蹄疫:食肉処理場の操業再開認める…移動制限区域
口蹄疫:ペットのヤギにも感染の疑い

普天間問題 小沢氏「政府の発信はどうなのかな」(産経新聞)
<口蹄疫>大エース感染疑い 畜産関係者に大きな衝撃(毎日新聞)
<郵便不正>村木被告無罪の公算大 元部下の供述調書不採用(毎日新聞)
<口蹄疫>ワクチンの接種開始 家畜20万頭を対象に(毎日新聞)
酒の安売り、飲み放題の規制強化へ…WHO指針(読売新聞)

地球温暖化対策基本法、衆院委員会で強行採決(産経新聞)

 衆院環境委員会は14日、2020年までに温室効果ガス排出量を1990年比で25%削減する目標を明記した「地球温暖化対策基本法案」を与党の賛成多数で可決した。自民党は審議継続を求めたが、質疑を打ち切り、強行採決に踏み切った。

 野党側はこれまでの審議で、鳩山由紀夫首相の理念だけが先行した法案の不備を追及してきたが、政府・与党は結局、25%削減による国民生活や経済成長への影響などを明確には示さなかった。

 民主党執行部は、郵政改革法案や労働者派遣法改正案など審議の難航が見込まれる重要法案がめじろ押しの中、すでに政府・与党内で意見が一致している温暖化対策基本法案は「先行して粛々と処理する」(民主党幹部)考えで、同法案は今国会中に成立する公算が大きい。

 基本法案には25%削減の具体策として、暮らしに新たな負担を求める「地球温暖化対策税(環境税)」の導入を明記したほか、企業に温室効果ガスの排出削減を義務づけた上で削減量の過不足を売買する「国内排出量取引制度」を施行後1年以内に創設することなどが盛り込まれた。

【関連記事】
産業界の懸念払拭できず、温暖化対策基本法案
CO2排出少ない装置を工場に義務付け 米政府が規制案発表
レジ袋6557万枚を削減! 九州7県、今年度もキャンペーン 
トカゲの2割、絶滅の恐れ
【私も言いたい】「温暖化対策」 「25%削減妥当でない」9割
少子化を止めろ!

<木曽三川公園>シャーレーポピー風に揺れ 愛知・一宮(毎日新聞)
エコポイント「大きな成果」=直嶋経産相(時事通信)
副操縦士、免許置き忘れ操縦=折り返し便が欠航-日航(時事通信)
肝炎に感染、廃棄用の牛内臓を貯蔵・販売(読売新聞)
<普天間>官房長官、市議長らと会談 「分散移転に理解を」(毎日新聞)

5月末決着先送りに言及=「時間をかけて粘って」-仙谷氏(時事通信)

 仙谷由人国家戦略担当相は7日夕のBS朝日の番組収録で、米軍普天間飛行場移設問題の決着時期について「5月末でなくても、少々時間をかけても何らかの成案、合意をつくることに粘り抜いてほしい」と述べ、鳩山由紀夫首相は5月末の期限にこだわるべきではないとの考えを明らかにした。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~

医療法人の一般病院、黒字が13年ぶりの70%割れ(医療介護CBニュース)
大阪の街頭犯罪激減、東京との差10分の1に(読売新聞)
CO2排出への影響は限定的=高速無料化で試算-国交・環境省(時事通信)
<井上ひさし>「化粧」が幕 渡辺美佐子さん648回演じる(毎日新聞)
<横須賀男性遺体>事情聴取予定の男性死亡 飛び降り自殺か(毎日新聞)
プロフィール

Author:ミスターあつしたかせ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。